フィラリア症予防期間について

何件か、続けて同様の問い合わせがありましたので、フィラリア症の予防期間について書きたいと思います。
まず、当院は三重県の動物病院です。この地域の例年のフィラリア症の予防期間は、5月末~11月末の月一度の予防薬(経口薬か滴下薬)投与が基本です。

フィラリア症の予防は、直近の数年間の気温データから感染させる虫が発生する時期を計算で調べ、それをもとに予防期間が決まっています。
通常は、毎年の予防期間が極端に伸びたり短くなったりするなんてことはありません。(数十年、数百年単位では変わるかもしれませんが)
観測地点が違えば予防期間は違います。極端な例を挙げると、北海道と沖縄では予防期間は倍以上違います。

ですが、次のような疑問は出てくると思います。(三重県の場合)

・「最近温かいけど、大丈夫かしら。」
・「いつも5月から予防してるけど、4月は予防しなくてよいのかな?」
・「12月は予防しなくてもよい?」

全くご質問の通りだと思います。
ご心配であれば、少し長めに予防しておく方が賢明だと思います。4月からの予防、12月からの予防を推奨します。(※ただし、5~11月は毎月予防している前提)
または一年間効果が続くことが確認されている、予防注射という方法もあります。

なお「冬に蚊を見た」というご意見もありましたが、真冬の蚊はおそらく吸血しない蚊です。一部の蚊は成虫のまま越冬します。冬には通常活動しないのですが、暖かいので活動(飛翔)できたというだけで、繁殖行動はしないはずです。
万が一、その蚊が吸血しても、感染する虫を体内に持ってないと思います。

なお、以上の話は全て蚊の側の問題なので、予防する側の動物種が何であっても(犬・猫・フェレット)共通です。

また、繰り返しになりますが、当院は三重県の動物病院です。
おそらく、緯度のあまり差がない地域では、そこまで大きな差は無いかもしれませんが、北の方(東北や北海道)、南の方(九州南部や南西諸島)では予防期間は月単位で変わります。
たまたま、この記事をご覧になられている遠方の方は、その地域のかかりつけの動物病院にご相談ください。

フィラリア症は完全に予防できる病気です。病気になる子が0になることを願っています。